2009年01月25日

遠いところと近いところを見て回復

視力はレンズの調整する筋肉が衰えて調整が悪くなり視力が低下するそうです。

同じところをずっと見ていると筋肉がそこばかり調整している状態なので臨機応変に対応できなくなる感じだと思います。

その調整部分をよくするためには近いところと遠いところを見て筋肉を動かすとか、遠くにある小さいものと大きいものなどを見て焦点をいろいろ変えるなどすると回復しやすいようです。


また、目を閉じて目の前にある景色を見る感覚でイメージすると回復するとも言われています。


その時も大きめのものと小さいものをイメージして見ると調整されている感覚があると思います。

しかし人によって効果ががあるないが分かれると思いますので様子を見ながらやられてみてください。



posted by ぴーちゃん at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25883892
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック